top of page

ホーム > ブログ(文章、画像はすべてオリジナルです)

自転しながら公転する地球(Adobe Flash)

1日1回、自転しながら、太陽を1年かけて一周する地球。 46億年間で、いったい何回、まわったことだろう。 (46億回か!)


自転させる

※ ↑北緯の数値を統一してキャプチャしているのですが、アプリケーションの緯度計測がテキトーなため、ガタピシしています。



※ ↑アプリで自動回転表示させ、PrintScreenで18枚をキャプチャー。

  緯度がぶれることなく、スムーズに回るようになりました。


自転のさせ方・詳細

  1. 地球儀アプリケーションを起動

  2. 約20度ずつ回転させ、18枚のPrintScreen画面を保存

  3. Microsoft Photo Editor(かつて標準搭載されていたソフトウェア)にて、18枚を、透過gif画像に加工

  4. Adobe Flashのライブラリに18枚の画像を読み込む

  5. 1フレームに1画像ずつ貼り付けて、アニメーションにする

  6. Adobe Flashのムービークリップとして保存


公転させる


Adobe Flash(アドビ―・フラッシュ)のプログラム(ActionScript)で動かしたかったのですが、動きが複雑ゆえ、降参。

公転のさせ方・詳細

  1. 地球の大きさを変化させる。

    1. 新規ムービークリックに、自転する地球(ムービークリップ)を貼り付ける

    2. モーショントゥイーンで、地球を拡大縮小 100×100 → 600×600 → 100×100

  2. シーンに戻り、公転のガイドを作成。 

  3. モーショントゥイーンを作成し、ガイドに吸着。

  4. ガイドの動きと、地球の拡大縮小が整合するように、モーショントゥイーンのフレーム数を調整

  5. 太陽、星、流れ星を配置。


地球の画像


なお、地球儀アプリケーションは、以下から一番左(1,155円で購入)を選びました。



Google Earth(左から二番目、三番目の画像)はモニターで見ている分には美しいのですが、キャプチャすると、海が真っ黒になってしまうため、却下。(2006年現在)


公転する地球(Adobe Flash)


2011/10/07 自転はしません。


댓글


bottom of page