top of page

ホーム > ブログ(文章、画像はすべてオリジナルです)

バンジージャンプ@竜神大吊り橋


コロナで自粛の折、飛んできました。 ご不快に感じられる場合、どうかスルーしてください。 限られた方に公表し、勇気をもらい、広く、こちらにて、ヒンシュクを買うことにいたします。


バンジージャンプは、夫の”死ぬまでにしたいこと・3つ”のうちの1つです。 あいわかった。死んだ気でつきあうよ! あとの2つ、サーフィンとボクシングは、つきあいきれないんで勘弁ね。


飛んだのは、茨城県常陸太田市、竜神大吊り橋バンジージャンプ。 100メートル。 ビル30階分の高さだそうです。


前日。 叫びながら次々と落ちてくる人をふたりで眺めました。 「・・・」


当日。 受付を終え、スタッフさんと橋の真ん中まで行きました。 鍵のかかったドアがあり、下に降りられるようになっていました。 橋の下に巨大な鳥カゴ状のスペースがありました。 細いはしごで後ろ向きに降りていきました。 (怖い1)

カゴに降りたら、足元はスチールの網目。 眼下に、美しい峡谷を流れる竜神川! これを楽しめってか? (怖い2)


10人ほどのスタッフさんが、装具を確認したり、きつくしたりしてくれました。 飛ぶときの姿勢、飛び終わったときのジェスチャーなど、練習をしました。


そこへ。 ウィンチで引き揚げられ、満面笑顔で戻ってくる夫。 (うわっ、誰やねん。テンション高っ)


それを横目に、どうしよ、どうしよ、どうしよ。 しかし、迷ったり怖がったりしている暇はありません。 スタッフさん一同でテンポよく、小気味よい勢いで。 (そこ重要!) 「はい、ここに立って!」 「はい、足を外に出して!」 (怖い3) 「足もう少し!半分出して!」 (怖い怖い4) 「手を広げて!」 「うん、いいよ、そんな感じ!」 「5,4,3,2,1!」


うん。 もうね、 飛ぶっきゃないんです。 お金も払っちゃったしね。 下を見ずに、エイ! 飛んだらすぐに目を開けました。 もう怖いものは何もなく、谷の緑が眩しかったです。 落ちるまでの数秒間。 両耳の横でシューーーーっと走る風の音を感じ、 落ちる速さを感じると同時に、 時間が止まったかのような不思議な感覚。 異次元のようでした。

私としたことが。 ソプラノで絶叫する予定が、不覚にも無音で落ちてしまいました。 しまったな。


ロープの動きが止まり、ウィンチで上に。 ウイーン、ウイーン。 「終わっちゃったなー、回収されておるなー」 という感じでした。


<感想>

「あんた、怖いものなんてないでしょう?」 とよく言われる私ですが、さらに、メンタルが強くなったような気がします。 夫は、また飛びたいって。楽しかったそうです。 (夢が叶ってよかったね!) Facebookより転載)

bottom of page