top of page

ホーム > ブログ(文章、画像はすべてオリジナルです)

背徳

息を切らせ、額には玉の汗

逃げる

追ってくる魔物から

逃げる

らせん階段を駆け降りて

ビルの谷間を駆け抜けて

崖をすべり落ち

川の浅瀬を横切って

やがて力尽き

魔物の餌食となり

そしてはじめから繰り返される

ふたたび逃げる

わたしの愛する

わたしを狂わす魔物から

 

元の詩は2009年3月、「逃げる」というタイトルで交流サイトに投稿。当時、「タイトルもテーマも如実だがチープ」「評価はD」とのご意見をいただいた。 それを今、あらためて推敲してみた。 幼少のころ、頻繁にこうした「逃げる夢」を見ていた。本当に怖かった。必死で逃げた。目覚めてもなお、大泣きしていた。

画像は、AI(Firefly)で、魔物から逃げる女を生成。それを、Photoshopにて、合成、レイヤーを複製、ぼかし(移動)、グラデーションマスク、グラデーションツール、塗りつぶし(コンテンツに応じる)、乗算、などで編集してみた。

オリジナルではないが、今後はありかなぁ。

コメント


bottom of page