top of page

ホーム > ブログ(文章、画像はすべてオリジナルです)

指定されたお題目にて

指定されたお題目をテーマにしてポエムを書くのが、そのサイトのルール。 太字がそのお題目です。

以下は、お題目に対して投稿した私のポエムです。 毎回、サイトのみなさんから「日本語を勉強しましょう」などとこき下ろされたものです、テヘ。


浸透するケモノ

体内に浸食したソレは

徐々に

理性を奪い

勇気を与え

俺は恐れるもののない猛者となる


ありのままに本能のままに

妻を・・・

押し倒す!


なにするのよ!スケベ

アンタの頭の中にはソレしかないの?


ソレは妻の猛反撃に委縮して

俺は草食動物に逆戻りさ


今度こそ

しっかり浸透してくれ、俺の中に!

大いなるケモノ

俺が俺であるために必要な俺


見馴れないフルーツ

中身を傷つけぬよう、電ノコで注意深く切る

ウワブタを取る

薄桃色の

たとえるなら頬染めた白皙の美女だろうか

美しい


ナイフで一人前200グラムほどを切り分ける

フライパンは十分に熱せられ

バターのよい香りがする


軽く焼いて塩コショウ

コショウは、挽きたての黒をたっぷりと

フルーツの味を引き出し

少々の臭みをうまみに変える


皿に盛る

君の分、わたしの分、そして、

フルーツの主に食させるのも、また一興


君には見慣れぬ食材かもしれないが、これは

極上のデザートなのだよ、クラリス


(映画「ハンニバル」より)


初めての旅立ち

心の扉も

部屋の扉も閉ざしていた君


何年ぶりだったのだろう

窓をあけ

光を全身に浴びたとき

何を感じたろう

風は肌に心地よかったろうか


新しいはじまり

不安やとまどいもあるだろうが

失敗や挫折で、

谷底でさまようこともあるだろうが

それでも若い君には

限りない夢と希望がまぶしほどに「そこ」にある

何があろうとも

それらを見失うことのなきように


初めての旅立ちに幸多かれ


箱庭の惨劇

僕たちの「箱庭諸島」でその事件は起きた

友人Aの島に怪獣イノラが出現したのだ


たまたま

Bのミサイル基地は、火災で焼失し

Cのそれは、津波に流され

僕のそれは、地震で崩壊したばかり


イノラがAの島を襲ったのは、

最悪のタイミングだった


Aが苦労して築いた豊かな森や山々を

のうのうと踏み荒らすイノラ

すべてが無となった

島に住む多くの民は

一人として助からず死に絶えた


そんなばかなと思うだろうが

すべてが悲しい真実だ


セキュリティ

ない知恵を絞って手を尽くしたが

君の心に入れない

涙をすくって君に注いだ


君の心には

一雫さえ滲みることなく

僕のふたつの池はあふれた


堅い守りなんだ


食事 2009/0703

子どものころ

殴られながら食べた夕食は

ジャリジャリと砂の味だったな


空っぽの胃袋が昔をなつかしむ

砂の味でもいい

いっそ砂でもいい

胃袋は何かを入れたがっていた


でも、ないのだ

何もない

あるのは塩少々と頭痛薬が2錠


テレビから芸人の声が聞こえた

タンメン

最後に食べたのはいつだろう


「オレには食いものはねぇ」

芸人をまねて、ひとりごちてみた

腹が鳴った


IPログとアクセス履歴 2009/06/29

新規ユーザーの率が高く

リピーターは少ない

平均滞在時間、1秒弱


検索エンジンが拾っても

サイトがつまらんのだ


地べたを這うような折れ線グラフを見ながら

半端に薄いコーヒーを飲む

うまいんだ、これが


さてと

また今日もサイトを増殖させるべし

こいつは俺の人生の伴侶さ

いや、人生そのものか


いいじゃないか

俺がいいんだから

コーヒーもうまい


なでなで 2009/06/28

なでなで こしょこしょ はぐはぐ つんつん

ごろごろ ふにゃふにゃ

あなたと一緒

ぺろぺろ なでなで うふふ いひひ


まってね まだまだ そこはまだ

だってね ゆっくり ゆっくりね

なでなで ちゅんちゅん とぅるるるる

Comentários


bottom of page