top of page

ホーム > ブログ(文章、画像はすべてオリジナルです)

RRR(2022年インド映画)


『Rise Roar Revolt』in Illustrator
『Rise Roar Revolt』in Illustrator

※ ネタバレにご注意ください。

※ 妄想を含む個人的な感想です。


昨日、映画館で観てきました。


イギリス植民地時代、差別や抑圧を強いられたインド。

そのインドに実在した、革命指導者2人。

この映画は、その2人をモデルに描かれたフィクションです。

映画の主役、ラーマとビームは、歌もダンスも戦闘も一流で、かつ、イケメン♥


エンターテインメントとして、よく磨かれている作品です。

「うぉー!、きゃぁー!、えええ!?」

と楽しんでいると、3時間の上映時間があっという間でした。

笑いあり、涙あり。

数多のエキストラ、最高質のCGIによる数多のセット。

お金を惜しげなく使い、しっかり元を取ったようです、パチパチパチ。

賞もあれこれゲットで、さすがです。


テーマは、友情、祖国愛、人種差別、ファシズム、勧善懲悪など。

ですが、言葉によるくどくどしい説明がないため、価値観の押し売りを感じさせません。


ストーリーはシンプルで明快。

ゴチャっとした説明を省きまくっていて、そこがよいところですね、ですが、ちゃんと伝わります。

映画が終わったとき、「結局、アレってどうなったの?」とモヤモヤしたり、人物関係が理解できないままだったりすることが多いのですが、すっきりさわやかなエンディング。


大型バイクを投げ飛ばすとか、何千もの怒れる群衆とたったひとりで戦うとか、

「ありえんやろ?」

という設定が多々あります。

ですが、「ラーマとビームならできる!」と、観客は信じていますから、オーライ。

笑って見逃しましょう。


ハッピーエンドを予想させる伏線が敷かれており、その点では安心して見ていられます。

半面、絶体絶命、ハラハラ、ドキドキの要素はたっぷり続きますので、最後まで目が離せません。


2022年10月から8カ月のロングラン中の本作品ですが、日本語吹替版が、2023年7月28日(金)より全国公開とのことです。

まだご覧になっていない方はぜひ、映画館でお楽しみください。 スカッとします。

最新記事

すべて表示

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2009年、アメリカ映画)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画)。 劇場に行きました。 生産調整で休みを取っている夫と、です。 休み中の夫は、昼に焼き立てパンを買ってきてくれるなど、ありがたいわ~。 以下、感想を少し。(ネタバレ注意) 愛は永遠ではない。 愛は永遠。 命は永遠ではない。 命は永遠。 人は老いて醜くなる。 人は老いても美しい。 若いということはすばらしい。 老いるということはすばらしい。 生きるとは何か。

地球が静止する日(2008年、アメリカ、SF映画)

地球から人類が消える、という想定は大好きだ。 ヒストリーチャンネル「人類滅亡 -LIFE AFTER PEOPLE-」を見ると、 すがすがしい気持ちになる。 人類さえいなくなれば、地球は元気に復活するというのだもの! 絶望の暗闇に差す、この光の神々しさときたら! 劇場公開中の「地球が静止する日」もまた、 地球を救うために、人類を滅亡させるというテーマなのね。 見にいかなければ。 いざ、映画館へ!

Commentaires


bottom of page